「分解修理のすゝめ」(Nikon リモートコード MC-DC2)

あんまり暑いので、ここは一つ涼みがてらに近所の渓流で川の写真でも撮りに行こうかと一念発起。三脚を用意してっと…、久しぶりに使うレリーズスイッチは使えるかなっと試し撮りをしようとここで問題発生。カメラと同じくシャッターボタンを半押しにしてピント合わせ、さらに押し込んでシャッター切りというギミックなのですが、ピント合わせから更に押し込ん…
コメント:0

続きを読むread more

新年のごあいさつ

 上天気で気持ちの良い朝を迎えました。 みなさまにとっても今年が良い年になりますように祈念いたします。 こちら信州に住んでもう15年目になります。 賀状の図案は工房の裏手の散歩道から長野市内を眺めた景色を描いてみました。年々雪が来るのが遅くなって、辺りはまだカラカラ風景の正月です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部材追加の寸法調整

信州は早くも梅雨が明けたようで、緑の陰も一層濃くなってきました。年をとると一年が早いとは言いますが、生来の怠け癖が手伝ってアッという間に一年の半分です。  仕事場にいると近所の人がときどき顔を出してお茶飲みして行きます。手が離せない時など少しばかり迷惑だったりするのですが…(笑)。  先日は部材を昇降盤でホゾ取りしていました。2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年のごあいさつ

北の方はまだ雪が止まないようですが関東から西の方は初日の出が見られたところもあったようで、まずは良い新年を迎えました。 みなさまにとっても良い年でありますように祈念いたします。 この地で開業して15年目。昨年は近辺の方からもチラホラと依頼のお問合わせがあったりして、すこしずつ認知が出来つつあることを実感しています。 今年も精一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと青空!

  今日はひさしぶりに空が開けたので奥さんを髪結いさんに送って行ったついでに、新町の小花見(コゲミ)高原まで車を走らせました。(このあたりでは湿地帯のことを”ケミ”といいます)  写真は白馬方面の初冠雪です、初?…たぶん。右から鹿島槍、爺ヶ岳、蓮華岳です。信州はこれからいよいよ麓の紅葉が加速されて二番目に良い季節を迎えます。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漆刷毛の切り出し

 久しぶりに漆でオーディオラックを塗らしていただきました。実はお正月早々にご依頼にいらっしゃたのですがこの寒さでは乾燥しないので漆だったら春まで待っていただきたいと我儘をいってやっと先月お納めした次第です。  漆はほんとにたまにやることなので道具のメンテナンスなども思い出しながらのお恥ずかしい作業でした。そこで今回は備忘録として漆刷毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国通販のスゴさ!

 先日かれこれ14年くらい使ってきて、かなり前に製造中止になっていたDELTA 22-580という自動鉋がいきなり「バンッ!!」と大きな音がして回転しなくなってしまいました。ア〜、いよいよお陀仏かと思ったのですが引導を渡すつもりで分解(修理?)にかかりました。案の定、駆動ベルトが断裂こそ逃れてますが裂傷がひどくてプーリーか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年のあいさつ

 本年もよろしくお願いいたします。 旧年は年の瀬をはさんで国内外でいつもどおりの新年を迎えることができない人達がたくさん出てしまいました。こうして変わらない新年を迎えられたことに感謝しつつ、被災された方々にお見舞いを申し上げます。  工房「框」の景気は関西弁で言うと「まあ~、ボチボチでんな」  最近、長野県は田舎暮らしの移住地候補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギタースタンドの製作

 友達からの依頼です。 古くからの愛機と現行のギターを2台並べて設置したい。スペースが小さいから前後に並べて置きたいなどと言って簡単なスケッチを見せられました。まあ最終的にはそれに似た感じにデザインしたのですがあれこれ大議論でした。私もギターを弾きますので強く押したのはギタースタンドの実用性を考えると、練習をしている傍で使うものだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のPCアプリについていけない人へ…。

 お久しぶりです、仕事してますか。 こんな木工稼業でもパソコンで仕事することが結構多いのです。図面をつくったり、スケッチを描いたり、見積書を提出したりと大変です。でもそれは主たる仕事ではありませんから久しぶりに触ったらバージョンアップだか何だかですっかり画面のイメージが別物で、使い勝手がとんでもなく変わって使えなくなったなんてことあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼風

 暑い日でした。 まだ梅雨も開けてないのに先が思いやられますがここは幸い夏は過ごしやすいのです。標高650メートルが効いているのでしょうね。昼飯前ですが窓を開けていれば風が通り抜けます。庭に車を止めてふとんが乾してあるという無粋な写真ですがちらっとは涼風を感じていただければうれしいのですが…。  最近聞いた話ですがワイン葡萄の栽培好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆箱

筆箱と行っても携帯用には使い勝手が悪いです。鉛筆のストッカーです。1ダース(12本)入ります。最近はあまり人気のない鉛筆ですが今は1ダース買っても¥300程度。子供の頃はダース買いなんて夢の夢だったのですがね。  小さい頃、鉛筆を削るのがうまかったです。削り器で削ると鉛筆の芯がずれてるのか、削り器のセンターがずれてるのかわかりませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖かくなったので刃物を研ぎました。

 寒い時期は氷の張った水に手を入れるのが辛いので切れが止んだ時にしか刃物を研がないズボラです。それでもこのところやっと日中10度を上回ってきてそんなことも言ってられなくなってきたのでノミと大きな鉋をまとめて研ぎました。ちょこちょこと間に合わせに研いでいたので刃先が変形していて修正するのに一苦労です。木を切らないで砥石に減らされる刃物が可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。 昨年は毎月台風が発生したり、各地の火山が活発になったり最近ではニューヨークの気温が摂氏22度だとか天変地変に関する話題が目立つ年でしたね。 業界では楢にかかわらず材料の高騰がやみません。 お客様に見積もりをお出しするのが怖くなってきます。私たちに直接できる対策は何も思いつかないのですがせめてさらに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンプルが売れてしまいました(笑)。

しばらく前に椅子の木取りが終えました、とお話しました。 注文は5脚ですが一つはサンプル用にストックしておこうと一脚余分に製作しました。良くあることです。 お納めした先は近所の住民自治会の公共福祉施設でした。それを見て座って気に入ったからわたし用に欲しいとのご注文です。サンプルが売れてしまい嬉しい誤算です。 実物を確認してご注文いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椅子の木取りを終えました。

 低座椅子6脚分の木取りを終えました。 これでやっとけじめ(あきらめ)がついてスタート。 いつまでたっても木工で一番つらくて好きになれない仕事です。できれば誰かに丸投げしたいくらい。良い材料ばっかりをふんだんに使えれば苦労はしないかも知れないですが、欠点がある材でも生かさなければもったいない。 そうそう、信州のある家具製作の現場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆の花をいただきに。

 出荷用の菊の花が開いてしまったので取りに来ませんかとご連絡いただいて朝からもらいに行ってきました。  長野市の善光寺門前では毎年八月十二日黄昏時からお盆につかう花だけの市が立ちます。最近でこそ焼きそばなどの食べものやさんも目立ちますがちょっと前まではそれこそ薄暗いなかで、裸電球に照らされた桔梗や百日紅、菊など花だけをならべた露天が並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は「昭和の日」だそうです。

 今年は里の桜が咲く頃に寒い日が続いて桜前線も停滞気味でしたが、それも無事通過していまこのあたりでは縦(標高)の前線が進行中。山桜と花桃が見頃です。  四月二十九日。でもこの休日はたしか以前「みどりの日」でしたよね。この季節にふさわしいストレートなネーミングがとっても気に入っていました。わざわざ名称を変更するのはよっぽど昭和に懐古的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3D額縁。

 普段は自家用につくっても儲かりませんので久しくやりませんがめずらしく自分向けの品物をつくりました。 今年の正月に初詣の帰りに安曇野のアートヒルズというガラスをテーマにしたショップに寄ったのですが、とてもハッピーなツリーが気に入って買ってきました。ところが部屋に置いてみたら何かとてもおさまりが悪いのです。不注意でこわしそうな気もしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野焼き。

 野焼きというには少々大げさですがこの時期あちこちで焚き火の煙が昇ります。雪のために折れてしまった木の枝とか雪囲いにつかった木っ端とか畑で生けといた野菜を敷いていた藁とかその他もろもろのモノを焼きます。工房「框」でも冬に溜まっていた挽き粉を燃しました。この季節の風物詩です。やっとこれからの春を迎える季節のうれしさをしみじみと感じながらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more